Artist's sense

Artist's sense

www.sutoazu.com/blog1/からここ、www.alb.tokto/ois1_blog1/へ移転しました。

16 8月

ピカソについて

Posted in その他の話題, 画家・その人物 on 16.08.19 by Merlyn

  • 2019/08/16
  • アーカイブ
  • Picaso

 

 

  • ピカソについて

 

 

  • <初期>

  • パブロ・ピカソ〔出生時の姓名:パブロ・ルイス(父方の名)・ピカソ(母方の名)〕。パリに出てからパブロ・ピカソと名乗る。
  • ピカソは16歳~17歳までに美術の基礎であるデッサンを徹底して身につけた。陰影を描くことで、立体を表現するアカデミックな石膏デッサンを完成させている。

 

  • その基礎を身につける過程で石膏の白という色の表現のために実際の光と影の下で写される陰影を、ある箇所は強調し、ある箇所は省略し、実際の陰影を組み替えて表現することを試みている。
  • この時身につけた独自の表現方法は後の「青の時代」の作品に生かされている。
  • 以下、石膏デッサン作品

 

  •   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 左: アカデミックな石膏デッサン
  • 背景を黒く塗りつぶし白さを描いている。
  • 右: 陰影を組み替えて、影の強調と省略をした作品
  • 画面右側の明るい部分に線を使っている。
  • 基礎を身につけていた時のことを振り返って、20代前半にピカソはデッサンはとても重要であると語っている。以下、20代前半のピカソ

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 基礎を身につけ、当時流行のアカデミックな写実絵画でも良い評判を得る。以下、当時流行のアカデミックな写実絵画、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上: 1897年 「科学と慈愛」 197×249.5cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  1895年「初聖体拝受」 166×118cm

 

 

  • そして、19歳の時、当時画壇の中心であったパリへに出て行く。
  • パリでは印象派絵画が認められ出したころ。ピカソも印象派風の絵を描いて、個展を開くが、評価は到底納得のいくものではなかった。
  • 以下、ピカソの印象派風の絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  女と子犬、 1900年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 街の恋人たち、 1905年

 

 

 

 


 

  • <時代>

  • 1901年~1910年ぐらいの間、ヨーロッパは第一次世界大戦以前の食料難で一般市民は苦しい生活を強いられていた。そこで底辺の生活に追いやられた人々を描けと、絵描き仲間のひとりからピカソは進言される。

 

  • それで、ピカソは絵の視点を底辺の一般市民の生活へ向ける。貧しい食事をする人々、苦行者、その日暮らしに近い旅芸人(サーカス)の一団などを描く。おそらくピカソがそうだったのだろう。生(なま)の人間を見つめ、困窮する人々を必死な思いで描いた。
  • ピカソは、この時定めたテーマ、後に「青の時代」と呼ばれる作品を描く時に、身につけた基礎力の中で、陰影を組み替えて創る自分独自の描き方を生かし、他のアカデミックな描き方を一切きり捨てる。それでもテーマをうまく表現できず、青だけをのこし、それ以外の色を切って、形も切った(描いている人物の腕を長くしたり、形の変形(ディホルメ)をおこなった。)と言われている。

 

  • 絵を描く状況は、まともな紙もなく、ダンボールに描いたり、外の側溝にハメてある板をはがして、その板にも描いている。困窮する生活の中で、おびただしい量のデッサン、作品を残した。
  • 以下、当時のデッサン(習作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 画面向かって左手が短く描かれている。(ディフォルメされている)
  • サバルティスの肖像(ピカソの友人)
  • パリ、1901年、油彩、キャンバス、82×66cm
  • モスクワ・プーシキン美術館

 

 

 

 


 

  • ーーピカソがピカソになる創作の時期ーー、

 

  • ピカソはだれも見向きもしない世界に挑んでいた。
  • 当時のヨーロッパは貴族中心の社会で、貴族社会を描いた作品は評価されたが、一般市民の生活を描いた作品は評価されなかった。

 

  • しかしピカソは自分で確かなテーマと感じた、生(なま)の人間の姿を描き続けた。この時ピカソの目は人のやさしさ、弱さ、強さ、弱さから生じる人のずるさ、など人の生(なま)の感情を深く見つめた。

 

  • その時、ピカソは世界中でたった独りとなって闘い続けたいたのかもしれない。
  • (何に対して闘っていたのか?は、仕事はそれ自体闘いであるが、特に新しい事、創造に関わる事は既存の事に対する闘いである。ピカソの場合、当時支配的であった貴族社会に対して、掘り下げれば、人の弱さ、その産物である ずるさや傲慢さに対して、またより広く解釈すれば人のマイナスの力に対して、人のプラスのパワーとして闘っていたともいえる。)

 

  • その期間、「青の時代」、「桃色の時代」は10年弱の間続いた。
  • その間、ピカソの友人がピカソの絵をアメリカへ持って行き、売り込んだ。アメリカの美術館はピカソの絵を大衆文化を表現している作品と評価する。
  • ピカソの絵を所蔵するアメリカ人がメトロポリタン美術館へピカソの絵を寄贈する。
  • 以下、その絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • メトロポリタン美術館
  • 1904~~1905年 
  • セルマ・クライスラー・フォイ寄贈
  • 「Zervos.I.291.D.B.XII.I」
  • 194cm×112cm

 

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

  • また、アメリカでは薬剤で財を成したアルバート・ C・ バーンズがまだヨーロッパで評価が低かった新しい時代を代表する画家をいち早く評価して、印象派の作家や、ピカソ、マティスなどの作品を大量に、約25,00点を買っていった。それによって印象派などの画家の生活も叙じょに良くなって行った。

 

  • ※アルバート・ C・ バーンズ氏に関して、
  • その後、自宅に美術館を建て、購入した作品を展示した。しかしアメリカ社会からひどい評価を受けたため、社会が理解しないのなら公開しても意味がないとして美術館を閉館した。
  • 数十年後には当時のアメリカ社会の評価とは逆に20世紀芸術を収集した「バーンズ,コレクション」として世界が評価し、様々な所で展覧会が開かれている。美術作品によって、その資産も数十倍、もしくは100倍以上になったとも言われている。

 

 

 


 

  • <アメリカ大衆文化>

 

  • ヨーロッパに対するアメリカ大衆文化は大量生産、大量消費の元で出来上がった物として大量にヨーロッパへ流れ込み、大衆を豊かにして行った。ヨーロッパの国々は大衆文化を国の看板にかかがる様になる。

 

  • そんな中、フランスは今まで見向きもしなかったピカソの絵を大衆文化の代表的作品として評価し、ピカソを画壇の頂点に祭り上げる。時代の流れの中でピカソは底辺から頂点に押上げられた。ピカソの周りには画家、物書き、科学者、実存主義の作家、サルトル、ボーボワールなどの人間が集まるようになる。

 

  • その後、ピカソの絵は変遷して行く。
  • 1880年始めに、超古代遺跡の発掘が盛んになり、英国のクリストス・ツンタスによって発掘されたキクラデス文明は、その独特の彫刻(目と口のない彫刻)から1900年初頭、キクラデス諸島で遺跡発掘が、あるブームになった。
  • 当時、超古代への思いを持つ彫刻家、画家も多く現れた。その影響をピカソも受ける。そしてピカソは人間の自由で、奔放な肉体を表現した絵、「新古典主義の時代」へと進む。

 

  • その後、数学者などとの交流で、ピカソは人の感情表現から離れて、絵画上の視覚的表現方法の変革へ向かう。
  • それは見ている対象の裏の形まで描く、別な言い方をすれば、立方体の展開図の様な形を平面に描く、絵画画面の表現である。それが平面を立方体(キュウブ)の様に表現したので、キュビズムと言われる様になった。そして「キュビズムの時代」と作品を変化させて行った。

 

  • 以下、キクラデス文明の彫刻(BC5000年以前~BC2000年)

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 


 

 

  • 「新古典主義の時代の作品」

     

  •                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:肘掛け椅子のオルガの肖像、油彩、1915年、130×89cm
  • 左:母と子、 ディテール、油彩、キャンバス、1922年   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 海辺を走る2人の女、ディテール、 油彩 合板、1922年    

 

 

 

 

 


 

 

  • 「キュビズムの作品」

     

  •  

                                             

 

 

 

 

  •  右: 座る女、 油彩、1937年、100×18cm 
  •  左:机の上のパンと果物皿、パリ、1909年
  • 油彩、164×132cm、スイス、バーゼル美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 本を持つ女、、油彩、130×97cm、     
  • 1932年、ノートン・サイモン美術館(アメリカ)               
  •             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「ゲルニカ」
  • 作品「ゲルニカ」は第二次世界大戦でヒットラーがパリを占拠した時に、美術愛好家であったヒットラーはピカソに一室を与え制作させた。その時描いた反戦の絵である。

 

 

 

 

 

 


 

 

  • 青の時代

 

  • フランスがピカソを認めだした頃、ピカソは「声明」と題して言葉を残している。その中で「青の時代」が産まれる頃を振り返ってか、次の様に語っている。

 

  • 「孤独なしには何ものも産まれて来ない。かってわたしは孤独をつくった。それについては誰もしらない。」

 

  • また、この時期のピカソのことは、一緒に暮らしていたヘルナンド・オリヴィエという女性が「ピカソと共に」と題する本を出し、その中で当時のピカソのことを語っている。

 

  • 「青の時代の作品」

   

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 盲人の食事、1903年、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  自画像、1904年  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:ヘルメットの様な髪の女、パリ、1904年、グワッシュ        
  • 左:アイロンをかける女、パリ、1904年   
  • 板、42.8×31cm        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 貧しい食事、 パリ、1904年、
  • 銅版画(エッチング)、46.5×37.6cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:女、彼女のシャツ、 パリ、1904年
  • 左:セレスタィーナ、バルセロナ、1903年              
  • ロンドン、テイト・ギャラリー

 

 

 

 

  •  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:1906年
  • 左:The two Freinds、1904年、 油彩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 鳥を抱く女、パリ、1904年         
  • パステル、水彩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:扇をもつ女、パリ、1905年、油彩 100.3×81.2cm
  • 左:苦行者、1904年                 
  •         

 

 


 

 

  • 「桃色の時代の作品」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 右:子供と座るアクロバット、1905年
  • アクロバットと犬、グワッシュ、1904年  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 母と子、 グワッシュ、1905年  

 

 

 

  • この時期、ピカソの作品は苦しい生活を強いられている人々を愛情深く描いているが、作家ピカソはその世界の中にはいない。ある意味、人に対する理想を描きながら、そこから一歩離れた所で、理想の対極にある現実を見ている様に感じられる。

 


 

  • <サルバドール・ダリ> ーー(20世紀 シュールリアリズムを代表する画家)ーー

  • 同じスペインの画家、サルバドール・ダリはピカソについて、「青の時代」の作品を高く評価し、ピカソに「青の時代」がなければ、ピカソは単なる画家でしかなく、歴史に名を残す作家ではなかった、と言う様なことを語っている。

 

  • また、ダリは、ピカソをトータルして、 ”この醜い世の中をピカソは愛そうとした。” とも語っている。

 

 


 

  • ※ 作品画像は旺文社発刊(1981年9月30) 「パブロ・ピカソ 天才の生涯と芸術」から使用。

 

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

tags: , , , , ,

No Comments »

19 7月

より良い生活のために、自然エネルギーを使った住宅

Posted in その他の話題 on 19.07.19 by Merlyn

  • アーカイブ
  • 2019 / 07 / 19 /

 

 


  • より良い生活のために

  • 自然エネルギーを利用する試み、太陽パネルを大規模に設置して、自然エネルギーを電気に代える試みは各国でなされている。

 

  • その要である太陽パネルの熱を電気に変換する比率(現在のシリコンで21,5%から23%)を飛躍的に上げるための太陽パネルの素材自体の研究も加速される必要がある。

 

  • 太陽パネルの素材の研究開発に多くの人と資金の投入が成されれば太陽光の熱電変換率60%以上の太陽パネル素材が造られるのではないか。

 

  • 太陽光の熱電変換率が60%以上になれば、人間生活の基幹エネルギーとしての電気を自然エネルギーから産み出される電気に代える事が出来るのではないか。

 

  • (仮に、地球の全面積に降り注がれる太陽光を100%電気に変換出来るとしたら世界の年間電力使用量を1時間で産み出す事が出来ると言われている。)

 

  • 近い将来には恒星のエネルギー(太陽風や熱など)をより有効利用することになるのではないだろうか。
  • それで、以下の実現可能ではないかと思えるプランを考えてみました。

 

 

 

  • topへ
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


  • <自然エネルギー

    85%~100%の割合のオール電化住宅のプラン

 

  • <目標>
  • 主電源として、太陽光と風力と蓄電池をセットにする、光ダクトと太陽パネル発電と小型の風力発電と性能のいい蓄電池をセットにした電力システムを取り入れた住宅をつくる。

 

  • 「設置」
  • 太陽光発電パネルを24枚以上設置する。
  • (太陽光発電は雨の日でも10%~15%発電する。曇りの日は60%~70%発電する。)
  • 雨が2日間絶え間なく降り続いても、電気が問題なく使える小型・高性能・大容量蓄電池を設置する。
  • 光ダクトを設置する。太陽光を室内に取り入れて昼間の照明に使う。

 

 

 

 

  • <作動過程>
  • 「昼間」
  • 晴れの日:光ダクトを使って室内の明かりをとる。電化製品の電源は太陽光パネル発電と風力発電→→蓄電池からとる。
  • 曇りと雨の日:太陽光パネル発電→→蓄電池からとる。風があれば、風力発電→→蓄電池からとる。足りない電力は晴れの日に蓄電した電力を使う。

 

  • 「夜」
  • 晴れの日の夜:晴れの日に蓄電した電力と風があれば風力発電→→蓄電池に蓄電された電力を使う。
  • 曇り、雨の日の夜:太陽光パネル発電→→蓄電池からとる。風があれば、風力発電→→蓄電池からとる。風もなく、雨が3日~4日絶間なく続いた場合のみ、足りない電力は電力会社の電力を使う。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

  • サンプル

  • 自然エネルギーを十分に電力に換え、蓄電出来れば、曇りや雨の日や夜間も蓄電池からの電力で一住宅の電力はまかなえる自然エネルギーオール電化住宅が出来上がると推測できる。従って、その場合、電力会社の電力使用は0となる。
  • 以下、そのサンプル(イラスト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上南面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上西面

 

 


 

  • このプランに実現の可能性があると感じる人はどこの国の人でも、将来的には方向転換を迫られるエネルギー業界、石油や電力企業、住宅や自動車その他の企業などからの投資を呼び込み、、資金を作り、優秀な技術者をハントして、性能の良い太陽パネルと数段グレードアップした蓄電池を研究開発して自然エネルギーオール電化住宅を実現されることを希望する。

 

  • 環境にやさしく、なおかつリーズナブルな自然エネルギーオール電化住宅が出来れば、それは誰にとっても喜ばしい事である。

 

 

  • 2013年現在、新素材太陽パネル研究開発の現状

  • 現状の太陽パネルの主な素材、(レンズにを使って光を太陽光パネルに凝縮して照射する集光型タイプ(熱電変換率実測39%ぐらい)を除けば)、シリコンでは熱電変換率25%未満が限界と言われる。

 

  • それで変換効率を上げるために全ての太陽スペクトルを吸収して、熱を電気に換えるパネルの多接合による高効率を得ようとする新素材開発の試みが研究されている。

 

  • (ちなみに、現在のシリコン太陽パネルの実測変換効率は18%、19%といったところ。)

 

  • ただしパネルに高効率を求めると地球上の希少金属も使うこととなり、60%、70%の効率の良い多接合太陽パネルが出来上がったとしても、極めて高額な製品になることが想定される。
  • (メーカー:シャープが進める多接合太陽パネルは現在、人工衛星の太陽パネルのみにに使用されている。)

 

  • それで、現在、希少金属をなるべく使わずに地球上に多くある物質を使って、全ての太陽スペクトルを吸収して、その熱を高効率で電気に換えるかが研究されている。

 

  • 一方、400倍に光を集光するレンズをパネルの上に設置して光を吸収、熱から電気に換える方法んも研究されている。(集光型太陽パネル、メーカー:シャープ)

 

  • 以下、簡単な多接合太陽パネルの構造イラスト

 

  • 下: 多接合パネル素材元素一例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 下: パネル多接合断面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  • 元素記号一覧表
原子番号 元素記号 日本語名 原子番号 元素記号 日本語名
1 H 水素 61 Pm プロメチウム
2 He ヘリウム 62 Sm サマリウム
3 Li リチウム 63 Eu ユウロピウム
4 Be ベリリウム 64 Gd ガドリニウム
5 B ホウ素 65 Tb テルビウム
6 C 炭素 66 Dy ジスプロシウム
7 N 窒素 67 Ho ホルミウム
8 O 酸素 68 Er エルビウム
9 F フッ素 69 Tm ツリウム
10 Ne ネオン 70 Yb イッテルビウム
11 Na ナトリウム 71 Lu ルテチウム
12 Mg マグネシウム 72 Hf ハフニウム
13 Al アルミニウム 73 Ta タンタル
14 Si ケイ素 74 W タングステン
15 P リン 75 Re レニウム
16 S 硫黄 76 Os オスミウム
17 Cl 塩素 77 Ir イリジウム
18 Ar アルゴン 78 Pt 白金
19 K カリウム 79 Au
20 Ca カルシウム 80 Hg 水銀
21 Sc スカンジウム 81 Tl タリウム
22 Ti チタン 82 Pb
23 V バナジウム 83 Bi ビスマス
24 Cr クロム 84 Po ポロニウム
25 Mn マンガン 85 At アスタチン
26 Fe 86 Rn ラドン
27 Co コバルト 87 Fr フランシウム
28 Ni ニッケル 88 Ra ラジウム
29 Cu 89 Ac アクチニウム
30 Zn 亜鉛 90 Th トリウム
31 Ga ガリウム 91 Pa プロトアクチニウム
32 Ge ゲルマニウム 92 U ウラン
33 As ヒ素 93 Np ネプツニウム
34 Se セレン 94 Pu プルトニウム
35 Br 臭素 95 Am アメリシウム
36 Kr クリプトン 96 Cm キュリウム
37 Rb ルビジウム 97 Bk バークリウム
38 Sr ストロンチウム 98 Cf カリホルニウム
39 Y イットリウム 99 Es アインスタイニウム
40 Zr ジルコニウム 100 Fm フェルミウム
41 Nb ニオブ 101 Md メンデレビウム
42 Mo モリブデン 102 No ノーベリウム
43 Tc テクネチウム 103 Lr ローレンシウム
44 Ru ルテニウム 104 Rf ラザホージウム
45 Rh ロジウム 105 Db ドブニウム
46 Pd パラジウム 106 Sg シーボーギウム
47 Ag 107 Bh ボーリウム
48 Cd カドミウム 108 Hs ハッシウム
49 In インジウム 109 Mt マイトネリウム
50 Sn スズ 110 Ds ダームスタチウム
51 Sb アンチモン 111 Rg レントゲニウム
52 Te テルル 112 Cn コペルニシウム
53 I ヨウ素 114 Fl フレロビウム
54 Xe キセノン 116 Lv リバモリウム
55 Cs セシウム
56 Ba バリウム
57 La ランタン
58 Ce セリウム
59 Pr プラセオジム
60 Nd ネオジム

 

 


 

  • 蓄電池

 

  •  市販されている家庭用蓄電池の容量は4.5kwh~7kwh、価格は200万円~300万円が主流。
  •  市販されている家庭用蓄電池の中で低価格の物を探すと価格67万円、蓄電容量13.5kwhのpowerwall2があげられる。以下詳細


  • 大容量・低価格 家庭用蓄電池の一例
  • 家庭用蓄電池のメーカー:テスラモータース社
  •  蓄電容量最長の低価格リチュームイオン蓄電地

 

  • メーカー テスラ
     
    POWERWALL-2-AC
    充放電サイクル

    及び寿命目安

    (サイクル後の容量89%)
    蓄電容量1 13.5kWh
    放電時間2
    充電時間
    メーカー保証期間 10年
    希望小売価格(税抜) 670,000円
    AC Voltage 208V、220V,230V,277V

    100/200V、120/240V

    周波数 50Hz、60Hz

     

 

 

 

 

 

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー———ーーー

 

 

tags: , , , ,

No Comments »